副業でばれずに働きたい

看護師の副業の収入が20万円以下なら確定申告は不要?

看護師の副業として単発派遣バイトをおすすめしていますが、単発派遣バイトで年間通して10万円も稼いでないのに確定申告が必要なの?と思っている方がいると思います。

 

『副業の収入が20万円以下なら確定申告は不要らしい』と聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。 

 

副業の収入20万円以下は確定申告不要説は本当なのでしょうか?

副業の収入が20万円以下なら確定申告は不要?

20万円以下なら確定申告は不要です

副業による収入が20万円以下の方は確定申告は不要です。

 

ただし本業の勤務先で年末調整を行うことを忘れないでください。

 

しかしながら自分が住む市区町村に住民税の申告が必要になります。

 

つまり副業による収入がある場合

年末調整+住民税の申告

が必要になるということです。

 

副業をしていなかった場合住民税の申告は必要はなかったのですが、副業で収入を得た場合、その収入には住民税がかかるのです。

 

これが正式な手続きにのっとった手続きです。

 

今まで副業をしていて住民税の申告をしたことがない方は結果的に脱税をしていたことになるので以後、申告を行いましょう。

 住民税の申告方法

申告には副業の源泉徴収票が必要です。

【手順】
①自分が住む市町村の申告ページを確認
→○○市 住民税 申告 で検索

②必要書類をそろえる

③担当窓口に直接提出または郵送する

 

このような手順を踏んで申告します。

20万円を超える方はとにかく確定申告を

副業による収入が20万円を超える場合は必ず確定申告を行いましょう。

 

これは逃れようがないことです。もししなかった場合は追徴を求められる場合があるので大変ですが確定申告を行って下さい。

 

様々な方法がありますが一番おすすめの方法は本屋で『はじめての確定申告』的な本を1冊買ってきて、それを見ながらやることです。

 

誰でもできるように手取り足取り説明されています。

 

わざわざ税務署にいく必要はなく自宅で書類を作成し、郵送するだけで提出できます。

 

初めての方は大変だとは思いますがこれも副業の一環と考えて

ぜひとも頑張ってください。

結局どうしたらいいの?という方は確定申告すればいい

 副業による収入が20万円以下の方でも医療費控除を受ける場合やふるさと納税を6か所以上している場合・ワンストップ特例を利用していない場合は確定申告が必要になります。

 

医療費控除?ふるさと納税??ワンストップ特例???

 

20万円以下だけど結局自分はどうしたらいいの?という方。

 

確定申告しましょう!

 

自分の勤め先に副業がバレるのは住民税が原因になる場合があります。

 

しかし各種控除を使うことで住民税を抑えることができるため、副業で増えた住民税を帳消しにできます。

 

そのためにはふるさと納税が最もいい方法です。ふるさと納税は絶対に損しない節税ですのでまだしたことがない方はぜひやってみてください。

 

住民税でバレることを防ぐについてはこちらを参考にしてください。

まとめ

副業収入20万円以下の方は確定申告は不要ですが住民税の申告が必要です。

 

20万円以上の方はとにかく確定申告は必要です。

 

20万円以下だけど住民税でバレたくないという方は各種控除を使って確定申告をするということをおすすめします。

 

税金のことはとっつきにくく難しいですが少しでも理解していれば損はしません。

 

その一環として確定申告をしてみようという方はぜひ頑張ってください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。