コラム

看護師の転職時の面接に向けての準備のポイント

看護師の転職で誰もが緊張する事が面接です。

看護師に限らずどの職業でも面接があるのですが、看護師の転職で独特なのが、転職エージェントから紹介を受けた転職先の場合です。

この場合採用されるのが前提で面接を受けることになります。

つまり採用を勝ち取る面接ではなく、自分は職場を、職場は自分を知るための面接になる場合が多いです。

要するに互いの顔合わせの要素が多いのが看護師の転職時面接です。

こうした面接で重要なのは自分のことを知ってもらうような話をすることです。

看護師転職サイトを利用するときに複数社登録すべき理由看護師の転職でとても力になてくれるのが看護師転職サイトです。 転職サイトに登録することで、転職エージェントの力を借りて転職活動が出...

看護師の転職時面接で何を話すか

転職サイトに登録して転職エージェントから新たな職場を紹介された場合、面接には転職エージェントの方も付き添ってくれる場合がほとんどです。

こうした面接の場合採用か不採用を決める面接ではなく、受ける病院の採用担当の人に履歴書だけでなわからない事を話して自分のことをわかってもらう面接になります。

職歴はある程度伝わっている

転職エージェントを介しての転職の場合あなたの職歴は当然面接を受ける病院に事前に知らされています。

つまり転職サイトに登録する際に伝えているあなたの職歴を採用者は当然知っているはず。

なのでこうした面接の場合、履歴書ではわからないようなことを問われる事が多いです。

私が聞かれたこと

私は今まで3回転職をしておりそのうち2回は転職エージェントを使っての転職でした。

その時の面接で聞かれたことは2回とも

『あなたが患者さんと関わる上で大切にしていることはなんですか』

ということでした。

仕事に対する姿勢は履歴書には書いていませんよね。

採用担当者が知りたいことはこうしたあなたの人柄です。

特に中途採用者には即戦力が求められますが前の職歴と経験年数から仕事がどの程度出来るのかは想像がつきます。

しかしその人柄や患者さんに接する姿勢は本人の口から語られる言葉でしかわかりません。

転職エージェントの紹介での面接では自分の人柄を問われる質問が来ると思っていいでしょう。

看護師の副業、単発派遣バイトの時給ランキング 看護師の副業におすすめな単発派遣バイトですがどうせ行くなら高時給のお仕事がしたい。   こう思うのは当然ですよね。 ...

面接に向けて準備すべきこと

簡単な自己紹介は絶対に準備しておく

まず面接が始まると

『では簡単に自己紹介をお願いします』

と言われることが多いです。こうした時はまず名前から始まり自分が所属した病棟、看護していた患者層と経験年数、リーダー経験の有無を完結に述べます。

特にリーダー経験の有無は履歴書には書きませんので経験がある場合は有利な情報なので伝えるようにしましょう。

相手は即戦力を求めているので自分の戦力=経験を完結に述べる練習をしましょう。

自分の看護観を言葉にする

私が面接で聞かれた

『あなたが患者さんと関わる上で大切にしていることはなんですか』

とう言う質問の意味ですが、質問してきた採用担当者はこの質問であなたの看護観を問うているのだと考えられます。

つまり面接では自分の看護観が必ず何かしらの質問で問われるでしょう。

だからこれを気に自分の看護観について必ず言語化しておきましょう。

看護師をしていたら学生の頃から『自分の看護観』を育てるように言われてきているはずです。

自分の看護観を言葉にするために自分が毎日どういった気持ちで仕事をしているのかを上に書き出してみてください。

患者さんに対しての姿勢で自分が気をつけていることはなにか、自分なりのこだわりなどを君に書き出していきます。

なんでもいいのでとにかく思いついたことをどんどん書いていくことで少しずつ見えてくるはずです。

看護師転職サイトを使うべき人・使うべきでない人看護師の方が転職を考えたときに、まずはじめに思い浮かぶ転職活動が『看護師転職サイト』への登録です。 看護師転職サイトは登録がかなり...

まとめ

転職エージェントを介した看護師の面接だからこそ話す内容は絞られています。

自分がどの程度の仕事をしてきたのか、自分の人となりを交えた看護観を語るようにすれば完璧です。

また面接で部署や労働条件など希望の条件を問われた時は自分の希望を伝えましょう。

私が使った転職サイト:MC─ナースネット