副業で実際に働く

看護師の副業でスキルアップは可能?

看護師みなさん、私たちの仕事は副業するにはなかなか適した職業だと思いませんか?

 

なぜなら、一般的な仕事に比べ休みが多いからです。

 

『そんなことない!!』なんて声聞こえてきそうですが、一般的な仕事は私たち看護師の表現で言うと毎週5日勤しているのです。

 

私たちは毎週5日勤している方のほうが少ないと思います。

 

だから副業する時間がほかの仕事に比べて大いにあるのです。

 

私は看護師の副業はまず単発バイトに行って確実に稼ぐ事をおすすめしています。

 

では単発バイトに行くことでスキルアップや何か学んで自分にプラスにできることはあるでしょうか?

看護師の副業でスキルアップは可能?

私の意見では看護師の副業でスキルアップは基本的にはできないと思います。

そもそもスキルアップを目的として副業するのは少し的外れな行為だとも思います。

 

しかし様々な経験ができて、自分にプラスになることは間違いありません。

 

次に副業でスキルアップできない理由・それを目的にするべきではない理由について説明します。

副業ではスキルアップできない理由

看護師の副業でなぜ単発バイトに行けるのかというと、

           

普段行っている業務の中に単発バイトで必要される業務と必要なスキルが収まっているからです。

            

極端な例ですが単発バイトで人工呼吸器を使っている患者さんの受け持ちをすることは絶対にありえないですよね? 

            

それは呼吸器をつけている患者さんをみるスキルは看護師の誰もが持っているものではないからです。

            

看護師の単発バイトで任される仕事内容は、看護師なら誰しも経験があり、行うことに特別なスキルや知識が必要ではないことです。

             

だからそもそも単発バイトではスキルアップできない仕事内容になっています。

副業でスキルアップしてはいけない

しかし仕事の選び方次第ではスキルアップできないこともありません。

            

簡単に思いつくのが検診の採血の単発バイトに行くことです。

             

検診の採血のバイトは1日に100人以上の採血を行うことがあります。

              

採血の腕を上げる一番の近道は経験を増やすこと以外ありません。

             

よって採血が苦手な若手看護師が採血バイトに行けば、一日で病院では絶対に経験できなような採血の人数をこなすことができ、結果的に採血のスキルアップにつながります。

             

しかしこれはやるべきではありません。一緒に仕事をする人に迷惑がかかるからです。

              

自分ができなかった検診者の採血は必ず他の人がすることになり、一緒に仕事をしている人に負担がかかります。手技が遅く1人当たり採血するのに時間がかかれば、予定時間以内に終わらなかったり。

           

このように周りに迷惑がかかってしまいます。

               

だから副業でスキルアップはするべきではないと考えます。

しかし副業は自分にとってプラスになる

私は副業はお金を稼ぐほかに、自分の職場や職種以外を実際に働きながら知ることができるところに魅力があると思います。

              

ほかの施設に行って、

『こんなことをやっているんだ』

『自分もいつかはこんな環境で働きたい』

と感じられるはずです。

             

こうした経験はいつか訪れる自分の転職の際に、自分の実際の経験から選ぶことが出来る選択肢の一つになります。

          

普段急性期の病院で働いていれば、デイサービスで過ごしている高齢者の方々の健康さや穏やかさに驚かされると思いますよ。

まとめ   

副業でスキルアップはできないし、するべきではない理由をかきました。

 

しかし副業で単発バイトに行くことで、お金のほかに得られる経験も私は副業を行う魅力だと思います。

 

まだ単発バイトに行った経験がない方はぜひ一度行ってみてください。

 

⇨おすすめの看護師派遣会社はこちら

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。