ライフスタイルに合わせて働く

看護師単発派遣バイトは潜在看護師さんこそ活躍できる

みなさんは潜在看護師という言葉をご存知でしょうか?

 

潜在看護師とは看護師免許を持っているが看護師免許を用いて就労していない看護師のことです。

その人数はなんと約71万人といわれています。

現在就労している看護師の人数が約160万人であることを考えるとその多さがわかります。

【データ参照】広報誌「厚生労働」厚生労働省

  

看護師の離職理由として最も多い理由が妊娠・出産です。

 

働きながら子育ては本当に大変で母親一人の努力でどうにかなる問題ではないですよね。

 

子育てに忙殺されて職場復帰どころではなく、結果的に看護職を離れた方々がこの70万人の中にはたくさんいると思います。

 

そして人のお世話をしたり、命をあずかる機会が多いという看護師の職業柄、復職のハードルは高いですね。

 

そんな潜在看護師さんの就労へのハードルを下げるひとつの選択肢が単発バイトです。

看護師単発バイトは潜在看護師さんこそ活躍できる

潜在看護師の方がなぜ単発のバイトに向いているのか理由をお伝えしていきます。

自分のスケジュールに合わせて仕事を入れられる

潜在看護師の方で特に子育てをしている方。子どもが少し大きくなってきたから働きたいけどいきなりパートはできるかわからないし・・・

 

と思っている方いらっしゃると思います。看護師単発バイトなら月に1回からでも全く問題ありません。パートではないので週〇回は出てくださいというものでもありません。

 

先月は1回、今月は2回行ってみようといった感じで、自分のスケジュールに合わせて仕事を探して、単発バイトの予定を入れることができます。

 

実際に自分が働くと家庭は大丈夫だろうかと心配になっている潜在看護師の方には、パートや常勤で働く準備段階として単発バイトを利用していただくのがいいと思います。

臨床から離れすぎていても問題ない

臨床から離れて、看護師復帰の自信がないゆえに仕事復帰から遠ざかった状況の方にも単発バイトがおすすめです。

 

看護師の単発バイトは介護に近い仕事内容が多いため、採血技術や病態の知識などを問われる場面はかなり少ないです。

 

なので臨床から遠ざかっていても、あなたの奥底に眠っている看護師としての経験でカバーできる
仕事内容となっています。

 

そして患者さんや利用者さんの前に立ってみてください。

 

『看護師さん』と呼ばれると自分の看護師スイッチは意外に自然と入ってくれますよ。

 

患者さんや利用者さんが私たちを看護師にしてくれると実感できるはずです。

 

ぜひ単発バイトを通して久々に看護師スイッチを入れてみてください。

いろいろな仕事が経験できる

潜在看護師の方でいづれは仕事復帰を目指していても、病棟や外来、夜勤をするのかなど働き方は様々です。

 

多くの看護師の方は病院でしか仕事をした経験がないと思います。

 

しかし介護の現場でも看護師が必要とされている場面は多く、介護の環境で職場復帰するというのも選択肢の1つにできます。

 

単発バイトはデイサービス、老健施設、訪問入浴、夜勤、外来、健診など種類は様々です。
それぞれのお仕事内容詳細はこちら

 

もし気になる仕事や、やってみたい仕事があるなら一度経験してみて、自分に合いそうな働き方で仕事復帰をするという方法もいいのではないでしょうか?

 

いろいろな仕事のお試しとして単発バイトを利用する方法も可能です。

まとめ

看護師単発バイトで潜在看護師さんが活躍できる理由は3つ

①自分のスケジュールに合わせて仕事を入れられる
②臨床から離れすぎていても問題ない
③いろいろな仕事が経験できる
とにかく単発バイトは仕事復帰のハードルを下げてくれる非常に便利な働き方です。
 
 
ぜひこの仕組みを利用して看護師として再び患者さんや利用者さんの力になって働いていただきたいと思います。
 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。