ライフスタイルに合わせて働く

子育てと両立しやすい看護師の単発派遣バイト

子育てしながら仕事をするのは本当に大変です。

 

出産・子育てのために一時的に仕事から離れている看護師の方はたくさんいると思います。

 

そんな看護師の方におすすめなのが単発派遣バイトです。

 

自分のタイミングで、いけそうな時だけ仕事の予定を入れる。

 

看護師だからこそできる都合のいい働き方です。

子育てと両立しやすい看護師の単発派遣バイト

自分のスケジュールに合わせて仕事が入れられる

看護師の単発派遣バイトなら自分のシフト制ではないため自分の好きなタイミングで仕事に行くことが出ます。

 

極端な場合、月1回やもっと言うと年に1回でもいいわけです。行きたいとき行けるのが魅力です。

 

事前に仕事を入れていおくのは必要ですが子供の行事の予定やパートナーの休みに合わせて仕事の予定を入れておけば働けます。

 

仕事の予定も首都圏や関西圏など仕事が比較的多い地域なら必ず何かしらの仕事を紹介してもらえると思います。

 

しかも1日働けば1万円は稼げるのもいいところです。

復職の手助けになる

いったん仕事から離れると特に看護師の場合なかなか復帰しにくいという職業的特徴があります。

 

現在看護師免許を持ち働いている看護師の人数は約160万人。一方で免許を持っていても看護師として働いていない潜在看護師の人数は約70万人です。

 

この数字からもいかに看護師が復帰しにくい職業かわかります。

 

いったん仕事を辞めて看護師から離れていても単発派遣バイトを使えば週に1回や月に1回でも看護師に戻れるわけです。

 

こうして全く看護師として働いていない期間を短くすることでいざ仕事復帰となったときの心構えは少し違ってくると思います。

 

また単発の仕事を紹介してくれる派遣会社は転職や就職もサポートしているので復職の支援も受けられます。おすすめの派遣会社はこちら⇨MC─ナースネット

仕事を選べばそこまで疲れません

看護師の単発派遣バイトには訪問入浴・デイサービス・老健施設・病院外来・夜勤バイト・健診など様々な職種があります。こちらを参考にしてください。

 

私が特におすすめしているのはデイサービスのバイトです。

 

デイサービスの仕事は利用者さんのバイタルをはかったりレクレーションの補助をしたりとそこまで肉体労働ではありません。デイサービスでの仕事内容

 

時間も場所によってまちまちですが9時から早ければ16時に終わるところもあります。

 

これなら子供が帰ってくる前に仕事を終えることができます。

 

子育てでクタクタになるのに仕事でもクタクタになるのは辛いですが、デイサービスのバイトなら疲労ではそこまでないはずです。

まとめ

看護師の単発派遣バイトは

①自分のスケジュールに合わせて仕事が入れられる
②復職の手助けになる
③仕事を選べばそこまで疲れません
以上の3つが理由でおすすめです。
  
   
復職する際に多くの方が看護師派遣会社に登録して、派遣会社に労働条件を伝えて復職先を紹介してもらうという場合が多いです。 
  
  
いずれ派遣会社に登録するのなら単発派遣バイトも紹介してくれる会社がいいと思います。おすすめはこちらの会社です⇨MC─ナースネット 
  
  
子育てで大変な中ですが、少しでも働きたいなと思う方はぜひ一歩踏み出してみてください。応援しています。
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。