仕事内容

【看護師副業・単発バイト】デイサービスバイト体験レポート~ひたすら入浴介助編~

デイサービス単発バイトで、ひたすら入浴介助をするバイトにいった私の経験を紹介します。

 

通常のデイサービスのお仕事は入浴介助がない場合が多く肉体的にしんどくはないのですが、今回は施設のお風呂でずっと入浴介助を行いました。

 

 

今回のお給料は1600円/時×6時間=9600円

時間がやや短かったのですが、夕方前には終われて1日約1万円はまずまずではないでしょうか。

ちょうど訪問入浴とデイサービスのお仕事を足して2で割った感じの内容とお給料でした。

 

朝の挨拶からすぐお風呂準備

おはようございます。派遣できた看護師の〇〇です。よろしくお願いします。

まずはどこに行っても初めはあいさつからです。私はいつもこんな感じであいさつをしています。

 

ロッカーのカギをもらって、今回は入浴介助なので半パンとポロシャツをお借りしました。

 

着替えていると続々と利用者さんが送迎されてきます。

バイタルが終わった人からお風呂に

多くのデイサービスはバイタルは看護師が取ります。

 

しかし今回きたデイサービスは施設のヘルパーさんがバイタルを取ってくれて、異常がない方を看護師がお風呂にお連れするというスタイルでした。

  

ヘルパーさんに頼まれて利用者さんをお風呂へお連れします。

おはようございます。看護師の○○です。お願いします!体調はいかがですか?

初対面の人に入浴介助してもらう利用者さんの気持ちはなかな複雑でしょうが、できるだけお互いリラックスできるよう相手の様子に合わせて会話を広げます。

  

単発バイトの場合いきなり行って、いきなり処置や介助をすることが仕事ですので、利用者さんへの声かけや、相手の雰囲気から状況を察したりするのは単発バイトをするうえで重要なスキルだと思います。

 

浴室は6つに分かれていました。機械浴ができるところや、普通の家と家と同じような浴室もあります。

 

浴室は利用者さんのADLに合わせて施設のスタッフが割り振りをします。自分が担当する人のADLと簡単な介助方法も施設のスタッフが教えてくれます。

 

施設のスタッフも派遣の看護師と仕事をするのに慣れているので、何か不安なことがあったら必ず施設のスタッフに聞きましょう。

 

入浴介助は本人に聞きながらでもいい

初めてその方を介助するのですからわからないことは本人に聞くのが一番とおもい、私は利用者さん本人に積極的にどうしたらいいか聞くようにします。

みなさん快く教えてくださいますので、本人の希望通りに介助を行います。

 

今回私が介助した方の多くは要介護1~2の割と自分で何でもできる方だったので見守りや一部介助程度でした。

 

入浴時間は更衣から入浴して浴後服を着るまで一人30分程度です。

 

午前中は4名の入浴介助を行いました。1人終われば次の方へと施設スタッフの指示のもとどんどん回していきます。

 

1人終われば湯舟の湯を抜き、利用者さんが服を着ている間に浴槽を洗いながら更衣の介助を行い、次の利用者さんが服を脱いでいる間にお湯をためるといった感じです。

 

4名の入浴介助を終えたあと休憩の指示があったので休憩に入ります。

 

通常デイサービスの場合、利用者さんの食事の配膳や食事介助の後に休憩に入ることが多いです。

お昼休憩は情報収集の機会にもなる

単発バイトの場合、休憩は施設の休憩室でスタッフの方と一緒に休憩する形になります。

 

私はいつもは施設スタッフに外出することを伝えて近くの定食屋さんみたいなところを見つけてそこでお昼ご飯を食べて休憩時間を過ごします。 

 

しかし今回は派遣で4名の看護師が来ていたので情報収集がてら休憩室でのおしゃべりに参加しました。

 

今回来ていた看護師のうち2人は派遣専門で働いている看護師さん、僕ともう1人は常勤の病院があり休みに働く副業看護師さんでした。

 

派遣専門の2人はよく行く派遣先を3-4か所作っておいて、そこに週2-3回程度行って働いている主婦の方でした。

 

こうすることで安定的に派遣会社から仕事の依頼が受けれるのです。

 

それで月約10万円前後のアルバイト代が得られるので、パートのお給料としては優秀ですねと話していました。

お昼からは介護度の高い方の機械浴

昼からは看護2名ずつに分かれて介護度の高い方の機械浴を行います。

 

今回行ったデイサービスはお風呂に力を入れているところで、機械浴の機械も新しく移乗も吊り上げリフトを使って行い、利用者さんと介助者に優しい設備が整えられていました。

 

病院との違いを感じたり、実際に病院外の状況を知ることができるのも単発バイトの魅力だと思います。

 

この時も施設のスタッフが一緒に入ってくれ、利用者さん別に介助のコツを教えてくれ、とても働きやすかったです。

 

機械浴の利用者さんを3人介助して本日の入浴介助は終了です。

終わったらレクに参加

入浴介助が終わったら最後のお風呂掃除を行います。本日7回目のお風呂掃除です。なかなかの重労働でした。 

 

看護師のみなさんも『家のお風呂も掃除してないのに』と言いながらきれいに掃除します。

 

掃除が終わったら定時まで時間が少しあったのでレクに参加します。

 

今回のレクは♬定番カラオケ♬  

 

何もしていないときはぼーっとしている方でもマイク🎤を握ればしゃきっとして歌いだします。カラオケには高齢者を元気にする魔法が宿っていると思います。

 

最後の曲は「青い山脈」です。利用者のみなさん笑顔で大合唱!!

 

みなさんの熱唱を聴きながら、ふと思いました。自分たちがデイサービスに来るようになったら何を歌うのか。ゆず?AKB?EXILE?老後の楽しみにします。w 

お見送りも笑顔で行うといいことがある

そしてお見送りの時間です。

 

みなさん自分の送迎の時間の前から上着着て帽子かぶっての準備万端で順番を待っています。

 

○○さん、ありがとうございました。お気をつけて!

名前を覚えた方にはこんな感じで声をかけてお見送りをします。そうすると次回行ったときに意外と顔を覚えてくれていることがたまにあります。

 

こうして自分の顔だけでも覚えてもらうと次回行った時に利用者さんと少し関係を築くことができます。 

 

定時になるまでお見送りをしながらテーブルを拭いたり、椅子をきれいに並べたりして終了です。

 

手が空いた時間に「何かできることありますか」とスタッフに声をかけるのも大切だと思います。

感想とまとめ

以上がデイサービスでひたすら入浴介助のバイトに行った実際の仕事の流れです。

 

やはり入浴介助はきついです。しかし今回はデイサービスでの入浴介助ということで訪問入浴

程のしんどさではなかったです。

 

入浴介助は大変ですが、利用者さんが気持ちよさそうにお風呂に入ってくれるし、とても感謝されるのでこちらもうれしくなります。

 

デイサービスは施設スタッフいつも近くにいて困ったときに助けてくれるので、派遣バイト初心者でも安心して働くことができるので、お試しで一度行ってみてはいかがでしょうか?

 

おすすめの人:派遣バイト初心者の人・体力自信のある人
 
以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
この仕事を紹介してくれた派遣会社はこちら