コラム

実は多い⁉看護師2年目でも転職できるのか?

看護師2年目は実は仕事が辞めたい気持ちがかなり高まる時期だと思います。

なんとか1年目を終えたけど心身ともにもうボロボロ。

そんな時に頭によぎるのが『仕事やめたい』

という気持ちです。

看護師に向いていない!?と感じ、仕事をやめたくなっている新人看護師へ『自分は看護師に向いていなのかもしれない』 これは看護師であれば誰でも思ったことのある事だと思います。 特に新人のときは慣れ...

しかし看護師2年目で仕事をやめて、なにの自分でできないのに転職先なんて見つかるのと不安になって苦しい時間を過ごしている看護師の方、安心してください。

看護師2年目であっても、仮に1年目であっても必ず転職先は見つかります。

実際に私の知人で2名、看護師2年目で転職して、転職先でいまでも元気に働いています。

看護師2年目での転職なんてどこも雇ってくれないのウソ

新人看護師時代に『そんな経験年数で辞めたところで次に雇ってくれるところなんてないわよ』なんて言われたことある新人看護師は少なくないはず。

実際に看護師の転職で一番多いのは20代中盤から30代前半の病棟で中堅どころになってくる時期です。

しかし新人時代でももちろん転職できますし、新人は転職先が見るからないなんてウソなのはもうわかっています。

そうしたパワハラまがいの事を言ってくる上司や先輩がいるような環境は、あまりいい職場とは言えないため、辞めたくなる気持ちはよくわかります。

看護師の転職で人間関係のよい病院へ転職する方法はこれだ!看護師の転職理由の常に上位に上がるのが『人間関係』です。 人間関係が原因で転職したい人本当に多くいますよね。 人間関係が原因...

しつこいようですが、看護師1年目でも2年目でも必ず転職先は見つかります

労働環境が良くない職場で心身ともに病んでしまうまで頑張らなくても良いのです。

2年目途中から転職した知人①

私の知人で2年目の途中で転職を決意して、転職活動をして3年目の春から転職先で働き始めた人がいます。

その知人の職場はサービス残業が日常化した長時間労働が当たり前の職場だったそうです。

先輩が残業申請をしていないのにどうして後輩がするのかと注意されたことを機に転職を決意しました。

その人の場合は次に行きたい病院が決まっていたため、その病院に自分で連絡を取り、面接を受けて転職が決まりました。

看護師転職サイトを使うべき人・使うべきでない人看護師の方が転職を考えたときに、まずはじめに思い浮かぶ転職活動が『看護師転職サイト』への登録です。 看護師転職サイトは登録がかなり...

2年目途中から転職した知人②

もうひとり2年目途中で転職を決めて病院をやめた知人がいます。

その知人は残業が多くとにかく先輩が厳しくて精神的に辛くて2年目の冬に仕事を一旦やめてからの転職活動でした。

この知人の場合は転職サイトに登録して転職エージェントに自分の次の職場の希望する条件を伝えて、その力を借りての転職でした。

結果的に既卒扱いで3年目になる4月に職場復帰を果たします。

本人曰く『精神的に追い込まれてたから、あの時やめてなかったらうつになってたと思う』と当時のつらい気持ちを振り返っていました。

ナースパワー【実際に登録した】転職相談で利用した本当の評判看護師の転職で、転職サイトに登録して転職活動したいが一体どの転職サイトに登録すればいいかわからない方が本当多いと思います。 理由は...

新人時代にどうしても仕事が辞めたくなったら

私の意見は、今の職場にいるの辛くなったらまず上司に異動ができない交渉するのが良いと思います。

理由として少なくともその病院で働いた時間があるなら、その経験を最も活かすことが出来るのは同じ病院で働くことだからです。

また今いる病棟の人間関係が良くなくても、隣の病棟や他の病棟では全く雰囲気も違うはず。

今勤めている病院を離れなくとも、病棟さえ離れられれば辞めたい理由が解決、もしくは軽減できる可能性があるからです。

辞めたくなったらまずは異動。辛い環境からは逃げたら良いんです。

仕事なんかで精神を病む前に異動できないか上司に相談しましょう。

もう限界!看護師が仕事を辞める前にこれだけは確認して欲しい!看護師の方が仕事をやめたくなり理由は1つではありません。 人間関係、仕事のプレッシャー、不規則な勤務など色々なストレスが溜まりに溜...

一度壊れたメンタルはなかなか治らないし、治すのに非常に時間がかかります。

自分を守れるのは自分だけです。我慢してメンタルを壊す前に相談しましょう。

転職時の面接では退職した理由をはっきりと伝える

自分で次の職場を探す場合も、転職サイトを利用する場合でも必ず次の職場の採用のためには面接があります。

その面接でどうして自分が仕事をやめたくなった、もしくは辞めたのかを明確に語る必要があります。

なぜなら、理由がわかっていれば同じ失敗をしないように自分がどう取り組むつもりで再起するのかまで話せるからです。

辛くて辞めてしまったけど、また頑張ろうと思って面接を受けに来ていること。

環境も良くなかったかもしれないが、前回の反省を活かして次の新たな環境では自分はどう取り組んでいくのかまで話せたら完璧です。

ただメンタルが弱くて耐えられませんでしたというよりもずっと印象が良いでしょう。

看護師の転職時の面接に向けての準備のポイント看護師の転職で誰もが緊張する事が面接です。 看護師に限らずどの職業でも面接があるのですが、看護師の転職で独特なのが、転職エージェン...

自分で探す場合と転職サイトを使う場合

新人看護師だからといって特別探す方法が違うことはありません。

自分で探す場合は気になる病院の採用情報を自分で調べるか、ハローワークで求人情報を検索して面接を申し込む。

転職サイトならサイトに登録して、担当についてくれた転職エージェントを共に自分似合いそうな転職先を探す形になります。

まだ看護師経験が浅いうちは業界のこともわからず不安も多くあると思うので転職サイトを利用するのが良いと思います。

しかしくれぐれも自分が納得行く条件の病院でないと就職しないと決めて利用しましょう。

看護師の転職で信頼できる転職コンサルタントに出会う方法は?看護師の転職には自力で転職先を探す方法と看護師転職サイトに登録して転職コンサルタントの力を借りて転職先を探す方法があります。 それ...

まとめ

新人看護師が仕事をやめたくなって辛い時はまず部署異動を相談してください。

それでもダメなら、少し仕事をお休みしてからの転職でもいいでしょう。

新人時代に辞めてしまって自分はだめなやつだを決して思わないでください。

厳しい環境や厳しい先輩に当たるのも運です。

会う合わないは当然あります。

特に新人時代は本当に大変なので、メンタルが病むことがないように自分のキャリアを柔軟に考えていても全く問題ないですからね。

必ず見つかるので無理せずやって行きましょう。

【看護師である私の転職体験談】転職サイトを使って公立病院に転職した話私は今まで転職を3回経験しておりうち2回は看護師転職サイトを利用しての転職でした。 世の中に山程ある看護師転職サイトですが実際に使...