コラム

看護師で転職でうまくいかない人はあのタイプの人

看護師の転職でうまくいかない人は自分の転職先を給料が良いだけで決めて、またその決断も他責の気持ちが強い人です。

つまり看護師の転職でうまく行かな人の典型タイプは

転職先をお金だけの条件で決めた、他責マインドの強い人

です。

看護師の転職で人間関係のよい病院へ転職する方法はこれだ!看護師の転職理由の常に上位に上がるのが『人間関係』です。 人間関係が原因で転職したい人本当に多くいますよね。 人間関係が原因...

転職先の条件で給料が高いだけの理由はどうしてダメか

看護師の転職では様々な求める条件があるでしょうが、お金だけの条件で決める人はあまりよ転職ができない傾向にあります。

給料が高いにはそれなりの理由がある

看護師の転職で、転職サイトに登録して転職活動をする場合は転職コンサルタントが自分の出した条件にあう病院を3箇所ほど紹介してくれます。

その3つの病院の中で明らかに給料が高い病院があった場合、その病院を選ぶには注意が必要です。

なぜ給料が高いのかその理由を考えればわかります。

お祝い金をもらって、賢く転職する看護師になろう!看護師の転職サイトの中に、転職支援金をくれるなんとも不思議なサイトがあります。 『転職も紹介してくれ、その上お金も...

どうしてその病院だけ給料が高いのか

給料が高くなる理由は高い給料で看護師の募集をかけて、人を集める必要があるからです。

つまりそうした病院は看護師不足である可能性が高いのです。

高い給料で看護師を募集して来てもらわないと行けない状況があるということです。

具体的な理由としては人間関係が良くなかったり・人がすぐに辞める環境があったり。

こうした理由で看護師を集める必要があるから給料を高く設定して人を集めようとしているのです。

転職するからにはもちろん給料は上げたい。

最悪でも同じ水準は保ちたいですね。

しかしお金にばかり目が向くと働く環境や人間関係に問題を抱えた病院を選んでしまうリスクが高くなってしまうことを理解しておきましょう。

そうした病院でないか見抜く質問方法

そうした病院ではないか見抜く質問方法がじつはあります。

自分の担当の転職コンサルタントの方に以下の内容を質問しましょう。

・離職率は高くないか
・平均勤続年数
・最近自分と同じように紹介した看護師はいるか
・今までの紹介歴と、その人達がまだ働いているか

この質問を転職コンサルタントにぶつけその病院の実態を聞き出すのです。

こうした質問を通じて転職コンサルタントの方も自分が知っているその病院の情報を話し始める可能性が高いです。

看護師の給料とお金を給与明細からひも解いてみる 【看護師の年収】 平均年収:525万円 正看護師の平均年収:586万円 准看護師の平均年収:481万円 (平成29年...

聞かなければ言わないこともあるはず。

一般に転職コンサルタントは看護師1名を転職されると成功報酬としてその看護師の年収の20%を成功報酬として病院から受け取ります。

つまり転職コンサルタントは看護師を転職させたいという前提があります。

もし自分の担当の看護師が転職先を決めかけている時にその病院が不利になるような情報は言いません。

だからこそそうした情報を聞き出す、転職コンサルタントが話し出すきっかけに出来るような質問が重要なのです。

20代看護師におすすめの貯金のコツ20代看護師の平均年収は同世代の他の職業の人とくらべる結構多いです。 全職業20代女性平均年収:320万円 20代看護師平均...

他責マインドが強いといい転職ができない

他責マインドとは、起こったことに対して自分ではなく周囲や他の要因のせいだ考える傾向の考え方です。

看護師の転職の話にすると、

せっかく転職したのに思うようない職場でなかった。これは自分に今職場を紹介した転職コンサルタントのせいだ。

と思うことです。

転職も最後に決断しているのは自分だ

特に転職に関して、転職コンサルタントから数箇所の病院を紹介されてその中から決めることが多いので、実際に働いてみて思うような環境でなかった場合

『紹介されたからここにしたのに』
『いい環境と言われたから決めたのに』

と自分ではなく転職コンサルタントのせいにしがちです。

しかし最終的にその環境に決めたのは自分である事を忘れてはいけません。

看護師転職サイトを使うべき人・使うべきでない人看護師の方が転職を考えたときに、まずはじめに思い浮かぶ転職活動が『看護師転職サイト』への登録です。 看護師転職サイトは登録がかなり...

転職コンサルタントの力を借りて主体的な転職を

転職サイトに登録すれば、ほぼ必ずと言っていいほどどこかしらの転職先は紹介してもらえます。

しかし自分の転職なので主体的に動くことを忘れてはなりません。

転職サイトに登録はしたが、ハローワークで求人を調べて給料の相場を知ったり、周りの病院の雇用条件を調べたり。

このように自分でも転職に対して情報を収集すれば、紹介された病院の条件が良いのか悪いのか自分でもある程度判断できるようになります。

主体性は働き始めても活きてくる

主体性を持て転職できれば働き始めても、人間関係構築の際に自分から良好な関係を築くことが出来るように努力したり、職場に馴染めるように自分なりに工夫が生まれます。

これらは自分でここで頑張っていくんだと決めたから出来ることです。

結局どこに行ってもその人の主体性があるかなかで転職に対しても満足行くものだったかが大きく左右されることを知っておきましょう。

【看護師である私の転職体験談】転職サイトを使って公立病院に転職した話私は今まで転職を3回経験しておりうち2回は看護師転職サイトを利用しての転職でした。 世の中に山程ある看護師転職サイトですが実際に使...

まとめ

転職がうまくいく人はお金の条件だけや他責マインドではなく、

自分のライフ・ワーク・バランスをもとに職場を選び、自分が選んだ選択に対し責任を持って、選んだ環境で頑張れる人です。

そうした人は必ず素敵な看護師であるので新たな職場でも愛される存在になるのではないでしょうか。

【私が利用した看護師転職サイト】
看護師の求人・転職・派遣ならMC─ナースネット

看護師の転職で大卒と専門卒に採用の差はあるの?看護師の転職において大卒と専門卒に採用の差はあるのか、特に専門卒の人は気になる問題ではないでしょうか。 結論から言うと採用に差はま...