仕事内容

【看護師副業・単発バイト】デイサービスバイト体験レポート

デイサービスの単発バイトに実際にいった私の経験を紹介します。

今回のお給料は1400円/時×7時間=9800円

時給は安いですが1日で約1万円ほど稼げます。

肉体労働ではないので、休みの副業にはちょうどいいので私の場合よくデイサービスにバイトに行っています。

病院とは違いゆっくりと利用者さんと関わりを持てるのがデイサービスバイトの魅力です。

この仕事を紹介してくれた派遣会社はこちら

【合わせてよみたい】初心者にすすめる看護師単発バイトおすすめランキングTop3

朝の挨拶→実は朝一番はスタッフが一番少ない

まずはどこに行っても初めのあいさつが大事です。

おはようございます。派遣できた看護師の〇〇です。よろしくお願いします。

毎回こんな感じであいさつをしています。

服装などは事前に指定があるのですが、朝一番に当日着る服を借りたり、ロッカーのカギを渡されます。

この日はポロシャツに綿パンの指定でその上にエプロンを着ました。

朝一番の時間帯は施設の方々は利用者さんのお迎えに行っているので、残っている施設スタッフは1~2名の場合が多いです。

利用者さんが来るまでに施設のスタッフに、利用者さんが来たら何をしたらいいのか確認しておきましょう。

自分の送迎の順番になると嬉しそうにニコニコ笑顔で車に乗り込んでいきます。

ありがとうございました!お気をつけて!!

皆様が来た時と同じように笑顔で見送ります。

利用者さんを順番に見送っていくと定時の17時になり勤務終了となります。

今回行った施設では掃除はしませんでしたが、時間が定時までに余ったりする場合は施設の掃除を頼まれるときがあります。

デイサービスバイトに行った感想とまとめ

以上がデイサービスに行った時の実際の仕事の流れです。

デイサービスの仕事は利用者さんが来てバイタルを全員分とるまでが一番忙しいですが、それが終わればむしろ暇なくらいゆったりとしています。

私は普段ICUで働いているので利用者さんとゆっくりお話をするのがとてもいい気分転換になると感じました。

利用者さんとゆったりとかかわれるのがデイサービスのお仕事の一番の魅力だと思います。

なので病院に常勤で勤めている方で休日に行く単発バイトとしてはおすすめです。

副業で単発のバイトをやってみようかなと思う方はまずデイサービスのお仕事から始めてみてはいかがでしょうか。

おすすめの人:体力に自信のない人・派遣バイト初心者の人
 

【関連記事】私が実際に使用したおすすめの看護師の転職・単発バイトの派遣会社

ほとんどの場合、利用者さんが来たらバイタルをとるので私は体温計や血圧計の使い方を確認しながらぶらぶらと施設の中を歩き回っていることが多いです。

【関連記事】看護師の単発派遣バイトに行った時にうまく仕事をやる3つのコツ

利用者さんが来てもまずはあいさつから!

9時を過ぎると続々と利用者さんが送迎者で到着します。

 

おはようございます!どうぞ!!

こんな感じであいさつをして利用者さんを迎えます。同時に施設のスタッフにもあいさつします。

利用者さんが席についたらいよいよ看護師の仕事開始です。

おはようございます。看護師の○○です。熱と血圧測りますね

私はこのように声をかけこの時に自己紹介を交えつつ利用者さんのバイタルを測ります。

テーブルには利用者さんの名前が書かれた札があるのでできるだけ名前と顔を覚えるようにしますが、だいたいで問題ありません。

多くの場合利用者さんはこの後お風呂に入るので、バイタルに異常があれば早めに施設のスタッフに報告しましょう。

しかしほとんどの場合みなさん元気なので心配いりません。

【関連記事】看護師の副業である単発派遣バイトの種類まとめ

機能訓練の介助と浴後のケア

バイタルを全員測るまでが看護師の一番忙しい時間です。

送迎されてきた順に名前を間違えないようにバイタルを取ります。

バイタルが終わればもうバタバタしません。機能訓練で計算や色塗りをしている利用者さんのお手伝いをしたり、スタッフに利用者さんの浴後の軟膏塗布を頼まれたら浴室に行きます。

今回私が行ったデイサービスはスタッフの方が入浴介助をして、浴後の軟膏塗布は看護師が行うというスタイルでした。

軟膏の用途や塗る場所はスタッフや利用者本人が教えてくれるので心配いりません。

食事の配膳と食事介助

そうこうしていると12時になりました。

食事は利用者の嚥下状態に合わせて作られていたので、名前を間違えないように注意して運びます。

病院でもあるあるですが、違う名前で利用者さんを読んでも『はい』と訂正することなく返事をするので、基本的にはテーブルの名前札で確認します。

食事介助を行うときはスタッフに嚥下の状態や普段の摂取量・介助のコツなどを聞いて行うといいと思います。

この後スタッフが交代で休憩に入るので、スタッフの指示のもと看護師である私たちも休憩に入ります。

だいたい施設の休憩室にお邪魔する形が多いですが私はスタッフに外出することを伝えて、近所のお店で外食するスタイルを取っています。

【合わせて読みたい】看護師に向いていない!?と感じ、仕事をやめたくなっている新人看護師へ

レクレーションが以外に楽しい

食事の後はみなさん眠たくなってお昼寝をされる方が多いです。

しかし14時くらいになるとレクレーションの時間です。

この日のレクレーションは風船バレーボール。

チームに分かれて対決します。 

人数が合わなかったので私もメンバーの1人として参加したのですが、利用者のみなさん大盛り上がり!!

みんな笑顔になってゲームを楽しみこれぞデイサービスの醍醐味といった瞬間です。

おやつの後はおのおの時間を過ごす

レクが終わればおやつの時間です。

食事同様に利用者さんそれぞれに合わせたおやつが準備されているので、名前間違いに注意して配ります。

おやつの後はとくにないもないので送迎を待つのみとなります。

利用者さんはその間近くの席の人とおしゃべりしたり、機能訓練したり、昼寝をしたりとそれぞれ自由に時間を過ごします。

施設によってはこの時間に記録を書くところもあります。今回行ったところはバイタル以外看護師が書くことになっている記録はありませんでした。

送迎時間がまだにも関わらず上着を着て帽子をかぶって準備万端な利用者の皆様。

自分の送迎の順番になると嬉しそうにニコニコ笑顔で車に乗り込んでいきます。

ありがとうございました!お気をつけて!!

皆様が来た時と同じように笑顔で見送ります。

利用者さんを順番に見送っていくと定時の17時になり勤務終了となります。

今回行った施設では掃除はしませんでしたが、時間が定時までに余ったりする場合は施設の掃除を頼まれるときがあります。

デイサービスバイトに行った感想とまとめ

以上がデイサービスに行った時の実際の仕事の流れです。

デイサービスの仕事は利用者さんが来てバイタルを全員分とるまでが一番忙しいですが、それが終わればむしろ暇なくらいゆったりとしています。

私は普段ICUで働いているので利用者さんとゆっくりお話をするのがとてもいい気分転換になると感じました。

利用者さんとゆったりとかかわれるのがデイサービスのお仕事の一番の魅力だと思います。

なので病院に常勤で勤めている方で休日に行く単発バイトとしてはおすすめです。

副業で単発のバイトをやってみようかなと思う方はまずデイサービスのお仕事から始めてみてはいかがでしょうか。

おすすめの人:体力に自信のない人・派遣バイト初心者の人
 

【関連記事】私が実際に使用したおすすめの看護師の転職・単発バイトの派遣会社